人生を変えたいのに失敗が怖くて行動出来ないのは脳のせい?諦める人の心理

なぜ人は決めた目標や夢を達成できないのか

思い描いた幸せを手にする事が出来ないのか

 

その理由について書いてみたいと思います

これは、人生を自分の思い描いたものにするために絶対必要な事であり

もっとも重要な要素ですので、しっかりと読んで見てください

 

結構長くなると思いますが、なぜ成功出来ない人が多いのか?

なぜ、思い描いた幸せを手に入れる事が出来る人が少ないのか?

その秘密が全てわかると思います

 

その秘密さえわかってしまえば、あなたは成功したも同然です

あなたの思い描く幸せや目標などを手に入れたり達成したりする事が出来るようになるでしょう!

 

その秘密を知るには脳の秘密について知る事が必要です

人間の脳がどのように働いて、あなたにどのような影響を及ぼしているのか

その事について知る事で、成功への扉が開かれるのです

 

人生を決める意識と無意識

 

まずは、本題に入る前に重要な事を共通認識として知っておいてもらう必要があります

それは「意識」と「無意識」についてです

 

人の行動は大きく2つ

意識してする行動(顕在意識)と無意識に行う行動(潜在意識)です

 

この意識的な行動と無意識で行う行動の比率が、

今回お話する内容にとっても関わってきますので押さえておいて下さい

 

意識的な行動は5%

無意識な行動は95%

人はほとんどの事を無意識で行っています

それは「息をする」「心臓を動かす」「血液を流す」などの体の事から

日々の生活の行動まで全ての事においてです

 

「あれ?カギ閉めたかな?」と思うのは、無意識の行動の代表ですよね

 

人の行動や考えのほぼ全ては無意識の中で行われています、まずはこの事をしっかりと認識してください

 

ですので、人が何かを始めようと思う時や何かに取り組む時は

まず「意識」のほうで考えて行動しますよね

 

「太ってきたからダイエットしなくちゃ!」って無意識では思いませんからね

完全に「意識」して考えるわけです

 

そして「意識」して運動をしたり、食事制限をしたりしますね

 

この考えや行動は、脳の「意識」の部分「5%」を使って行動しています

もし、残りの95%の「無意識」がダイエットなんてやめちまえ!って思ったらどうなるでしょうか?

 

5%対95%です。どちらが勝つか明白ですね

 

まずは、人の行動や考えの95%は「無意識」であるという事を覚えておいてください

 

失敗が怖くなる無意識の独り言

無意識にはあらゆる場面であなたに「独り言」をつぶやいてきます

 

例えばダイエットを例に考えてみましょう

毎日2キロ走ると「意識」で決めて実行しているとします

ある時「走るより楽な方法があるんじゃない?」「本当に2キロ走っただけで痩せるの?」「一日くらい休んでも変わらないでしょ?」

とつぶやいてきます

 

あなたの「意識」は「痩せたい」と思っているのに

頭の中には「走るより楽な方法があるんじゃない?」というような言葉が浮かんできます

 

これが「無意識の独り言」です

 

本来であれば無視すればいいだけの話なのですが

何といっても5%対95%なのです、ぼろ負けしてしまい三日坊主になってしまう原因になります

 

無意識も自分の脳なのだから、自分の味方をしてくれるはずだ!という風に思う人もいると思います

しかし、あなたの意識は「ダイエットをしたい」と思っているわけです

それを邪魔する発想を出す「無意識」が本当にあなたの味方だけしてくれるといえるでしょうか?

 

ここまでが「無意識」の話です

この「無意識」が人の行動に大きく影響しているという事がご理解いただけたと思います

では、なぜ人は成功しにくいのか、幸せを手に入れにくいのか?

その秘密に迫っていきたいと思います

 

人が変われない理由!最強の現状維持装置

 

人が何かを達成したいとか、手に入れたいと思った場合

何かしらの行動を起こす事になります

 

その行動を起こす行為を全力で邪魔する存在があるのです

それが、脳の「現状維持装置」です

 

脳の現状維持装置は、無意識の中で発動します

「めんどくさい」「やりたくない」「後まわし」「いいわけ」その全てが脳の現状維持装置によるものなのです

さらに、変化のキッカケになりそうなものは「見えない」ようにします

本などを読んでいても大事な所が頭に入らなかったりするのはそのためです

 

 

 

元々動物的な感覚だとも思うのですが、リスクを出来るだけ避けて現状を維持しようとするのは

本来普通の事だといえます

 

例えば、山に住むサルが里に下りてくるのは、山に食べ物が無くなったからです

もし、山に食べ物があれば里に下りてくる事はないでしょう

 

それは、山にいても生活していけるのにリスクを取って里に下りるという選択肢が無いからです

これがまさに現状維持機能です

 

命や生活にかかわる重大な問題に直面しない限り、リスクを冒して里に下りるという行動をとる事はないでしょう

リスクがある場合、そのリスクを回避するために「その行動を起こさせないようにする」機能なのです

 

これは人間にも同じ事が言えるのです

聞いたことありませんか?「追い込まれた人ほど本気になる」的な言葉を。

 

これはまさに、山に食べ物の無くなったサルと同じ状況なのです

 

しかし、幸運にも?人には未来を想像する力があります

もしサルに夢見る力があるなら「山よりも里のほうがおいしいものがあるかも!」と思うかもしれません

 

この力で「痩せて綺麗になりたい」「お金持ちになりたい」「資格を取りたい」「有名になりたい」「世界一周してみたい」など

○○したいという感情が湧いてきます

 

これが「人の意識」の素晴らしい所なんですが、無意識がそれを許してはくれません

今の生活スタイルやルールからズレる行為に対して、現状の生活リズムに戻そうとする力が働きます

これは、新しい事にチャレンジするのはリスクだと「無意識」が判断するからなのです

 

動物としては正常なこの判断も、人が夢見たりチャレンジしたりすることに関してはとっても邪魔な存在になってきます

 

ここで思い出してもらいたいのですが、人の脳の「意識」と「無意識」の比率です

意識5%

無意識95%

この状態で、普通に何かにチャレンジしても絶対に「無意識」が勝つように出来ているのです

これが、人が成功しない一番大きな原因です

 

おかしいと思いませんか?

ほとんどの人がお金持ちになりたいと思っているのに、ほとんどの人がお金持ちになれない

これは、資格だったり、スポーツだったり、ダイエット、美容、恋愛、勉強、仕事全てにおいて当てはまる事です

 

ほとんどの人が目指すところが似ているにも関わらず、ほとんどの人が途中で諦めてしまいます

「自分には向いてなかった」「才能が無かった」「難しすぎる」など

それなりのいい訳を皆さん持たれていますね

 

これは「無意識が現状を維持しようとする力に負けただけ」なのです

 

聞いたことありませんか?

「やり続ければ夢は叶う」

これの本質は「人はやり続ける事が出来ない」という意味でもあります

 

それはなぜか?「無意識の現状維持装置」のせいなのです

 

現状維持装置が働くと人はいい訳の天才になる

 

この「無意識」の現状維持装置が発動すると人はいい訳の天才になります

どういう事かダイエットを例に見てみましょう

 

ダイエットをしていると「今日は運動したくないな~」という日が出てきますよね

これも無意識の現状維持機能が働いているせいなのですが

「意識」では「運動しなきゃ!」と思っているわけです

 

そこに「いい訳の天才」が現れます

「そういえば今日は、朝食べてないし、昼もカローリー少なめだったから、運動しなくても大丈夫じゃない?」

「今日仕事で足を痛めた感じがしたから、あまり無理すると余計悪くなるかも」

「雨が降りそうだし、濡れたら風邪ひいてしまうかも。走るのは止めた方がいいかな」

 

と、いった具合に都合のよいいい訳が次々と思いつきます

こういったいい訳が思いつく事を「クリエイティブアボイダンス」と言います

 

「やらない理由」に正当性を持たせて自分を納得させようとします

これがまさに「現状維持機能」なのです

 

やらない、出来ない「いい訳」が出てきたときは現状維持をしようと脳が働いていると思ってください

 

「意識」ではダイエットをしたいと思っているにも関わらず、やらない理由を探しているのです

「やらないといけないって頭ではわかっているんだけどね~」というセリフには、この様な理由があったのです

 

 

無意識の独り言はどれだけマイナス思考なのか

 

無意識から出てくる独り言は色々ありますが

ここでご紹介するのは、何か新しい行動を起こそうとする人に起こる場面をピックアップしてみます

 

人は新しい事にチャレンジしようと思った時に、始めれる人と始められない人がいますね

「やってみよう!」と思った時はものすごくやる気があり、「よし!やるぞ!」と思うわけですが

いざ始めようとすると「成功するのかな?」「本当にやって意味があるのかな?」「自分に出来るのだろうか?」といったネガティブな気持ちが出てきてしまい、結局何もしないまま終わってしまう事ってありますよね

これも、無意識の現状維持装置の独り言なんですね

 

では、熱量が大きくとりあえず始めるまでは出来た人ではどうでしょうか?

新しい事にチャレンジしているとどうしても躓く事って多いですよね

もちろん失敗する事も沢山あるでしょう

そんな時に無意識がささやいてくる独り言は「自分には出来ないんじゃない?」「めんどくさくない?」「こんなに努力して、本当に報われるの?」といったネガティブな意見ばかりです

 

あなたも何かを始めようとする時や初めたばかりの時に、このようなマイナスな感情を持った事ってありますよね

このマイナスな感情を引き起こして現状を維持させようとするのが、無意識の独り言なのです

 

しかし、無意識もあなたの頭の一部ですよね?

では、なんで邪魔ばかりするのか?本当に無意識の現状維持機能の敵なのか?を考えてみましょう

 

もし、あなたが新しい事に挑戦して、ちょっとした事で失敗したとしましょう

ここで無意識は「自分には出来ないんじゃない?」「めんどくさくない?」「こんな所で失敗しているようなら、そもそも向いてないんだよ」とささやいてきます

 

もしも、無意識があなたの味方ならどんな独り言をいってくれるでしょうか?

「初心者なら誰だって失敗はするよ」「次、同じ失敗をしなければいいんだ」「ここを乗り切ればまた一つ成長するじゃないか」といったポジティブな意見が出てくるはずなのです

 

もし、独り言がポジティブであれば、諦めかけた気持ちをもう一度持ち直し頑張れると思いませんか?

これを繰り返す事ができれば「成功するまで続ける」事が出来ますよね?

 

でも、無意識の独り言は必ずネガティブな意見を言ってきます

 

これは「現状を維持しようとする機能」だからです

 

なので、何か新しい事にチャレンジする人にとってこの現状維持機能は敵にしかならないという事なんですね

 

無意識の現状維持装置の正体

 

ここまでの話で、無意識レベルで行われる「現状維持装置」の働きがわかって頂けたと思います

では、この「現状維持装置」とは何ぞや?という、もっと深い説明をしていきましょう!

 

この、現状維持装置の名前はホメオスタシスといいます

日本語では恒常性(こうじょうせい)と訳されたりしますね

 

コンフォートゾーンなど、そのほかにも色々な呼び方がありますね

 

では、このホメオスタシスとはどの様なものなのでしょうか

恒常性は生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す。生物が生物である要件のひとつであるほか、健康を定義する重要な要素でもある。生体恒常性とも言われる。

恒常性の保たれる範囲は体温や血圧、体液の浸透圧や水素イオン指数などをはじめ病原微生物やウイルスといった異物(非自己)の排除、創傷の修復など生体機能全般に及ぶ。

恒常性が保たれるためにはこれらが変化したとき、それを元に戻そうとする作用、すなわち生じた変化を打ち消す向きの変化を生む働きが存在しなければならない。これは、負のフィードバック作用と呼ばれる。この作用を主に司っているのが間脳視床下部であり、その指令の伝達網の役割を自律神経系や内分泌系(ホルモン分泌)が担っている。

Wikipedia

 

はい。難しいですね。。

 

要すると、人は健康や生活、全ての事において一定の基準を設けており

その基準からズレる行為を行った場合などには、元に戻そうとする力が備わっているという事です

 

これが「現状維持」なわけですね

 

例えば、暑い時に汗をかく

これも体温を元に戻そうとする現状維持機能ですし

寒い時に震える

これも、体を震わせて体温を上げようとする現状維持機能です

 

ウイルスが体内に入った時に高熱が出るのも

ウイルスを殺して現状に戻すためですし

全ての事において、「今」を維持しようとする機能が備わっているという事です

 

この現状維持機能が脳の95%を占めているわけですから、大体の人はホメオスタシスの影響により

現状から抜け出せないという事になってしまうのです

 

本来であれば「変わりたい」と思っているにも関わらず、ホメオスタシスは現状を維持しようとします

それは、ホメオスタシス(現状維持装置)が超超超過保護だからだと言えるのです

 

何も、悪気があってあなたの邪魔をしているわけでは無く

リスクを最小限にして、安定して生活できるようにあなたを調整してくれているのです

 

この様に、その人に最適だと潜在意識が判断したところが「コンフォートゾーン」であり

そのコンフォートゾーンから外れないようにする力がホメオスタシス(現状維持機能)であるという事です

 

ホメオスタシスが無かったらどうなるのか

 

こんな邪魔な機能なんていらないじゃないか!と思いたくなりますが

実はホメオスタシスはとっても大事な役割を担っています

 

例えばホメオスタシスが機能しない場合・・・

今日はポジティブで元気いっぱい

明日はどんより根暗な性格

明後日は何も考えずに行動するトリッキーな人

という具合に、性格すらも一定に保たれなくなります

 

高熱が出ても熱を下げようとしてくれなくなってしまいます

 

こうなってしまうとあなたはまともに生活していけなくなってしまいますよね?

それを防ぐためにも、ある程度一定の状態に精神を保つ必要があるのです

 

例えばストレスも同じです

ストレスを受けると、発散したくなりますよね?

例えば「どこかへ遊びに行きたい」「買い物したい」「寝たい」「食べたい」など

無意識にそういった行動を取りたくなります

これは、ストレスを体にため込み過ぎると現状を維持できなくなってしまうので

現状を維持するためにホメオスタシスが働いているという事になります

 

しかし、もの凄く強いストレスを短期間に受けたりした場合

このホメオスタシスの現状維持機能でも追い付けなくなってしまって、鬱病などになってしまいます

 

人生を変えるために絶対必要なセルフイメージの大切さ

 

さて、現状維持機能よりもさらに大事な部分についてお話していきましょう!

それは「セルフイメージ」です

 

セルフイメージとは

「自分の事を自分でどのような人だと考えているか」です

 

これだけ聞くとなんてこと無いように感じますが、自分の事をどのように考えているかによって

自分がどのようになるかが100%左右されます

 

100%です

 

例えば

「自分は年収300万円稼ぐ人だ」と思っているとします

 

これが今の現実であるなら、年収300万円稼ぐ人だと思っているのは当たりまえの事ですよね?

ここで大事なのは「年収300万円稼ぐ人」だと自分の事を思っている人は「年収300万円しか稼げない」という事です

 

 

セルフイメージで思い描いた状態に100%なるという事です

嘘のように聞こえるかもしれませんが「思考は現実化する」というは本当です

 

でも、問題があります

それは「本気で思い込んでいないといけない」という事です

 

年収300万円の人が、自分は年収1000万円だ!と思い込むのはとても難しいのです

「年収1000万円になりたいな~」ではなく「自分は年収1000万円ある」と思うのです

 

セルフイメージの書き替えを行う必要があるという事になります

 

年収が1000万円あるならば、どんな立ち振る舞いをするか

どんな財布を持つか

どんな所でご飯を食べるか

どんな時間の使い方をするか

どんな人と交流を持つか

どんな時計・服・車・・・・・・

という風に、完全に自分は年収1000万あると思って全ての行動をしなくてはなりません

それにより、今まで見え無かったものや、考えもしなかった事がわかるようになったり

接する人が変わる事で、今までと違うチャンスが訪れたりします

 

例えば、太っている人がセルフイメージで「自分はモデルのような体系で、他人に羨ましがられる人だ」

とセルフイメージを書き替えたとします

セルフイメージが書きかわってしまったら、暴飲暴食なんて絶対しないですよね?

夜中にお腹が空いても、何かを食べるという選択肢すら生まれなくなります

 

このセルフイメージを書き替えてしまえれば、無意識の状態で「自分はモデル体型だ!」と思えるようになります

意識的に「ダイエットをしなくては!」と思って行動するのとは違い、無意識で「そもそも太るような行動をしなくなる」と言ったイメージです

 

この様に、セルフイメージを書き替える事で人生の方向を決める事が出来ると思って下さい

 

セルフイメージを書き替えるとどうなるのか?

 

一般的に言われている「思考は現実化する」というのは

イメージすれば人はその状態に近づいていくといった考え方ですが

それとはちょっと違った角度からお話致します

 

それは、ホメオスタシス(現状維持機能)が人には備わっているという事を知っていないと

セルフイメージを書き替ただけでは人は変われないからです

 

なぜなら、変わろうとすると「現状維持」しようと人の脳は働くからです

 

ではセルフイメージを書き替えても意味がないのでしょうか?

そんな事はありません

セルフイメージを書き替える事でホメオスタシスを味方につける事が出来てしまうのです

 

現状維持機能を味方につける事が出来れば最強になると思いませんか?

最大の敵は、最強の味方にもなり得るのです!

 

現状維持機能を味方につける

では、セルフイメージを使って現状維持機能を味方につける方法を考えてみましょう!

 

例えば、年収300万円の人がいます

セルフイメージは「年収300万」

目標は「年収1000万」です

 

この人は、年収1000万になるために必死でビジネスや投資の勉強をしています

少しずつ階段を上っているイメージですね

 

この場合の現状はもちろん「年収300万円の人」という事になります

 

では、年収300万の人のセルフイメージが「年収1000万」だったとしてみましょう

この場合「自分は年収1000万円稼ぐ人」だと思い込んでいる状態です

 

なので、年収1000万になるための、勉強など全ての行動が無意識の中で行われています

この場合の現状は「年収1000万」という事になります

この様に、セルフイメージが書き替わる事で「現状維持機能」を上手く使う事ができ

今まで邪魔ばかりをしていた「現状維持機能」が逆に後押しをしてくれるようになるのです

 

この違いはとてつもなく大きな差を生みます

この事を知っているかどうかによって、成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません

 

「思考は現実化する」という根拠はここにあるのです

 

それでも邪魔する現状維持機能

セルフイメージを書き替えてしまえれば安心だ!と言いたいのですが

これは「現状維持機能」を騙している状態です

 

本当の現状は年収300万円なんです

 

なので、自分でも「実際には年収が300万しかないことを知っているわけです」

こういった事から、現状維持機能が通常の働きをしてしまう場面も当然現れます

 

もちろん、セルフイメージを書き替える前に比べれば、圧倒的に少なくなるといえますが

それでも「変化を嫌い、超過保護」な現状維持機能はあなたの事を思って、現状を維持しようとするのです

 

その事も覚えておきましょう!

 

日々の生活で現状維持機能を見つける

生活している中で現状維持機能が発動された瞬間がわかるようになりましょう

無意識の中で発動される現状維持機能を「自分の考え」だと錯覚して、流されてしまっては今までと変わりません

 

なので、日々の生活の中で発動される現状維持機能を見つける事を習慣にするのです

 

どうやって見つけるのか?

それは、ネガティブな発想やマイナス思考が自分の中で発せられた時に「今だ!」と思う事です

 

「めんどくさいな」「やりたくないな」「疲れたな」などの感情が出てきたときは

「現状維持機能が働いた!」と思う事です

 

意識して感じるようにすると一日の中で10回くらいは見つける事が出来るはずです

 

そして「やめようかな」などネガティブな感情が出た時は、脳が現状を維持しようとしているだけ

ここで止めたら「現状に引き戻されてしまう」と認識する訓練をしましょう!

 

約一か月間続けたら、習慣化され現状維持機能が発動されても、引っ張られなくなってきます

 

ホメオスタシス(現状維持機能)に少しづつ勝つ

 

では、現状維持機能を制御するための方法の1つとして

現状維持機能にすこしづつ勝つという事をしていきましょう

 

例えば本を読んでいるときに

「そろそろ疲れてきたからやめようかな」「この章まで読んだら終わりにしよう」なんて感情が出てくる事って多いですよね?

 

これこそまさに現状維持機能です

あなたは、知識を得ようと思って本を読んでいるにも関わらず「止めよう」という感情が出てくるわけです

もう少し読み進める事で、少しでも知識は増えますよね?

であれば、少しでも多く読みたいはずなのです

 

でも、途中で読むのを止めようとする

正確には現状維持機能が「読むのを止めさせようとする」わけです

 

なので、この現状維持機能に勝つためには「あと少しだけ読み進める」事です

それにより、現状維持しようとしたのに失敗した事になります

 

このような小さな事を毎回積み重ねる事で、今まで章で区切って読んでいた状態が「現状」だったのが

それ以上読む事が「現状」となり、章で区切って読むという「現状維持」が働かなくなるのです

 

現状維持機能は大きな変化により反応します

なので、このような小さな変化は見過ごしてくれる事も多いんですね

 

これは、どんな事でも応用できます

「もうやめようかな」「つかれたなー」と思った、あと少し先までやってみるという事を繰り返す習慣を身に着けてください

 

そのためには、前章でお話した「現状維持装置が発動した瞬間を見つける」事が大切になってきますね

 

ちなみに、人は4分間やり続けると集中力が湧いてくるというデータもあります

なので、現状維持装置が発動したと思って「あと少し」をやるときに4分間頑張れば

逆にまたやる気が出てくるという事になります

 

これこそまさに現状維持装置に勝ったといえるでしょう

 

集中力を高める方法にこのような物もあります

「中途半端で止める」

なんのこっちゃ?といった感じだと思いますが

 

先ほどの本を読む事を例に考えてみましょう

人は自然と切りのいい所で読み終えようとします

しかし、それをあえて中途半端な場所で終えるようにするのです

 

それにより「続きが気になる」と言った感情が湧き

次に読み始めるまで「熱量」が保たれるというわけです

 

さらに、途中から始める事によって前回読んでいた所をおさらいする意味もあり

より、頭に入るという事もあります

 

これは勉強法の1つで、参考書なども1問~2問残して止める

という事をしたりすることで効率が上がると言われています

 

これを利用した代表例がテレビドラマなどですね

良い所で終わって、次回まで興味を持たせる手法です

 

 

成功したセルフイメージに書き替える方法

 

セルフイメージを書き替える事も重要ですので

アドバイス程度ですが、お話しておきます

 

セルフイメージを書き替える代表的な方法

  • イメージする事

当たり前ですが、常に成功した自分をイメージする事です

寝る前や寝起きなどにイメージする事で、現実なのか想像なのか脳が錯覚してより効果的だと言われています

 

とにかくリアルにイメージする事が絶対的に大事になってきますので

生活する上での細かな事まで全てリアルにイメージするようにしましょう

 

  • 口にする事

イメージした事や考えている事を声に出す事です

これは、人に伝えるというだけでなく一人でいるときでも声に出して言ってみるという事です

声に出す事で脳への刺激が増すと言われていますので、イメージした事は声に出しましょう!

 

現状維持機能は成功の合図

 

これまでの話を聞いて現状維持機能って本当に厄介だと思いますよね?

成功するための行動の邪魔ばかりする奴というイメージでしょう

 

しかし、この現状維持機能にも良い事があります

そのお話をしていきましょう

 

現状維持機能のなかに「緊張する」というのもあります

例えば大事なプレゼンや発表会、面接などの場面で人は緊張してしまいます

 

あなたの潜在意識(無意識)があなたの味方であるならば

大事な場面であなたを緊張させたりしません

 

緊張すると本来持っている力が発揮されず、最高のパフォーマンスが出来なくなってしまいます

 

潜在意識があなたの事を応援しているなら、最高のパフォーマンスをさせますよね?

 

もちろん、緊張させるという事は「現状を維持」しようとする力が働いているという事です

 

では、逆を考えてみましょう

潜在意識が「現状維持」を使用としているという事は、あなたは変わろうとしているという事です

 

プレゼンで成功すれば出世して収入が上がり生活が変わるかもしれない

発表会で成功すれば、未来が約束されて人生が一変するかもしれない

面接で成功すればあなたは、新しい会社で新しい人生を歩みだすでしょう

 

現状維持機能が働くという事は「変化しそうだ」という合図なのです

 

もっと言うと、現状維持機能は「大きな変化には強い反応」「小さな変化には弱い反応」を示します

なので、現状維持機能があからさまな時ほど「あなたは成功する一歩手前まで来ているという事なのです」

 

大事な場面で現状維持機能が発動したら「成功が近い」という事に気が付けるようになりましょう!

 

まとめ

 

ここまで長い文章を読んで頂き、お疲れ様でした。

大事な事なのでまとめさせて頂き、最後にもう一つ大事なお話をしたいと思います

 

  • 人には意識で行動する(顕在意識)と無意識で行動する(潜在意識)があります

無意識の行動が脳の95%を占めているため、人の行動のほとんどを無意識が支配しているという事になります

 

  • その無意識(潜在意識)の中の機能の1つに「現状を維持する」機能があります

この現状維持機能は、超過保護で変化を極端に嫌います

 

  • 今の生活や現状から変化を起こしそうになると「現状維持機能」があなたの行動を邪魔します

 

  • この現状維持機能が発動したことに気が付けるようになりましょう

 

  • セルフイメージを書き替えて、潜在意識を味方につけましょう

 

  • 現状維持機能が邪魔をしてくるという事は「変化」しそうだという合図なのです。ですので、現状維持機能が働いたら「成功」が近いと思って下さい

 

 

最後に、大事な事をお伝えいたします

この文章を読んでいるあなたは「変わりたい」と意識で考えていると思います

しかし、無意識では現状維持機能が確実に働いています

 

という事は、この文章を読んでいても「大事な部分」に差し掛かった時に

LINEが来たり、トイレに行きたくなったり、読んでいて疲れてしまったりと分かり易い現状維持機能が発動しているか

大事な部分を無意識で流し読みしてしまっている可能性は十分に考えられます

 

ここまで読んで現状維持機能について理解していただいた方であればお分かりになると思います

 

なので、日を置いて何度か読み直してみる事をおススメします

一回読んで全てが理解出来たと思ってしまっているとすれば、「もう読ませないようにしている」現状維持機能だといえます

 

 

おさらいです

毎日、現状維持機能が発動したら「来た!」と数えてみましょう

一日に10個は見つけてみる事です

 

一日に10個見つけたら「10個見つけた、良かった」と思うかもしれませんが

それも、それ以上探させないための現状維持機能かもしれません

 

現状維持機能に勝つ方法を思い出してください

少しでもいいので先に進む事です

 

なので11個見つけてみるというのも良い心がけだといえますね

 

 

 

 

最後まで読んで頂き有難う御座いました

東河莉公平