車は、人生のステータスのうちの1つだと思います

家や車などは、自分の力を誇示するための道具ですが

一般的に、400万円~600万円の車を買う人っていますよね?

 

決して安い金額ではありません

 

なぜ、400万円以上する車を買うのでしょうか?

そこに隠された、人の潜在意識について触れてみようと思います

 

400万~600万円の車を買う人の心理

 

本来、普通に生活で使うのであれば、新車でも300万程度の車で十分なはずですよね?

 

しかし、世の中には400万円~600万円ほどの車を買う人っていますよね

一般的に高級車と言われるタイプの車です

 

クラウンやアルファードなどのクラスの車です

 

アルファードを買うのであれば、セレナでも良いのではないかと思う訳です

ですが、人はちょっと背伸びしたくらいの車を買いますよね

 

この心理についてちょっと考えてみました

 

私は、前も記事にしたのですが月に100万円稼ぎたかったら中古車でいいじゃないか!という記事です

副業で月に100万稼ぎたいなら安い中古の軽自動車を買え!

 

要するに、お金を稼ぐ事が目的ならば中途半端な車を買う意味って無いのでは?という事です

 

 

では、なぜ中途半端な価格の車を買う人がいるのでしょうか

 

それは、「自分の周囲の人に対して見栄を張りたい」という1点に尽きると思います

家族や親せきはもちろん、同僚や後輩、友だちなどに「凄ーい」と言って貰いたいわけです

 

この発想は、マインドセット的に考えて「稼げない人」のタイプなんですね

 

目標が低いのです

常に、自分より劣っている人ばかりを見て「自分はイケている」と言い聞かせているタイプです

 

でも、世の中にはもっと良い車に乗って、あなたより稼いでいる人は山ほどいます

しかし、そういった事実は見てみぬふりをするのです

 

もっと向上心があって上昇志向であれば

自分の周りの人間と自分を比べたりしないのです

 

それは、ほとんどの人が稼げないサラリー脳だと知っているからです

その人達と自分を比べる意味すら無いのです

 

しかし、現状に満足している人は大抵自分より下の人を自分を比べ優越感に浸りたがります

 

本当に欲しい車は、ベンツだったりフェラーリだったり、マセラッティだったりするはずなのですが

勝手に、そんな車は買えないと決めつけてしまい、自分とは別の世界の事だと思い込んでいるのです

 

マインドセットが出来上がっている人から見ると(稼げている・稼げていないは関係なく)

マインドが貧困な人達が、底辺でどんぐりの背比べをしているようにしか見えません

 

自分の力で稼ぐ事を本気で考えて、実行しようとする人にならなければ

いつまでたってもどんぐりの背比べから抜け出せませんよ

 

 

ちょっと今回は厳しい言い回しになってしまいましたね

一人でも、人生を本気で楽しもうと思いなおして貰えれば幸いですね