日産は悪くないと思っている!ディーラーの知り合いに聞いた驚きの話

どうも、とんがりです

先日から何かとYahoo!ニュースのトップを賑わせている日産の不祥事ですが、先日10年くらい親しくしている日産ディーラーの人と話をしてビックリしてしまいました

スポンサーリンク



日産のとんでもない不祥事の概要

今回の日産の不祥事は、新車の最終検査を資格を持たない人がやっていたという事です。さらに、事件発覚後も続けていたという驚きの事実がありました

謝罪会見などなく、世間でも「反省していない」「会社ぐるみだ」との批判の声が多く見受けられますね

 日産自は9月29日に無資格者が一部工場で完成検査を行っていたと発表。再発防止策を進めていたさなかに子会社である日産車体の湘南工場で同様の問題が発覚。追浜や栃木、九州にある工場でも無資格者が検査していたことが新たに分かったと19日に公表した。

日産自は19日、これを踏まえ、国内の全6工場で国内向けの出荷を約2週間停止し、検査体制の見直しを図ると発表した。

日産株は一時前日比2.4%安の1070円と問題発覚後の4日以来の日中安値となった。売買高は午後1時8分時点で、神戸鋼、任天堂に次ぎ東京市場で3位の約346億円に膨らんでいる。一部車種を製造する日産車体の株価も下落。前日の海外市場では日産の最大株主であるルノー株も値を下げた。

メリルリンチ日本証券の二本柳慶アナリストは19日付のリポートで、コンプライアンス意識の低さを指摘し、長期的な評価はネガティブとした。野村証券の桾本将隆アナリストは同日付のリポートで、仮に出荷停止が2週間なら販売で2万台、営業利益で100億円の減少要因になると試算した。2017年3月期の営業利益は7422億円だった。

ディーラー営業マンの対応

先日長い事お世話になっている日産の営業マンから電話がかかってきました。

私としては、今回の一連の事件においての説明や謝罪等の連絡かと思ったのですが、普通に点検などのフェアのお知らせとお誘いの電話でした

話をしていても一向に今回の事件に関しての話が出ないので、しびれを切らせて私のほうから「今、大変なんじゃないですか?」と言ってみたところ

「そうなんですよね、心配かけてます・・・」と一言だけ

その後、「別に悪い事したわけじゃないんですけどね~、検査はちゃんとしてたわけだし」と呆れたセリフが飛び出してきました

言われてみれば、今回の日産側の対応はこの規模のリコールを出した場合の企業の対応としては異例中の異例と言われる対応でした

スポンサーリンク



事件発覚後の日産の対応

『西川社長は会見で頭を深々と下げることはなく、「謝罪会見」とは一線を画した』(産経新聞 10月7日)

無資格検査が判明したことを受けて10月2日、横浜本社で西川廣人社長が会見を催した。そこでは無資格者による検査が常態化していたと述べて「お詫びを申し上げる」と陳謝したが、実はこれは世間でいうところの「謝罪会見」ではなかった。

社長が一人で会見「事件の大きさは世間が騒ぐほどの大きな問題ではない」という印象操作をするためであると考えられる

初動の会見も「グローバルコミュ二ケーション本部ジャパンコミュニケーション部長」と「企画・管理部エキスパートリーダー」という肩書の人達。つまり部長クラスの人による会見だったのだ

とにかく、そんなに騒ぐ事ではない、大したことではないのだ、自分たちは間違ってない、と言った態度が前面に押し出されているのである

そんな企業精神は末端のディーラーの人たちにもしっかり受け継がれているらしく、今回の営業マンのような態度になってしまったのだと思われる

これだけの事件を起こしておきながら、会社全体で「別に悪い事をしたつもりはないから、誤る必要はない!」と言った態度に呆れてしまうと同時に、全く日産という会社が信用できなくなってしまった

さいごに

今回の事件は過去の三菱の企業ぐるみでのリコール隠しと似たような印象を受ける人も少ない無いと思う

自分の命を預ける車を今後日産にするという選択肢は完全に消えてしまった

 スポンサーリンク