ライティングのシュフティとランサーズの違い

どうもとんがりです

ペラサイトを作るにあたって記事外注は鉄則だとおもいランサーズ以外のライティングサイトに登録してみました

SHUFTI(シュフティ)に登録した

スポンサーリンク



shuftiもランサーズと同じようなライティングとか在宅ワークのサイトなのですが、今までランサーズ一本でやってきましたが間口は広い方がいいと思いシュフティを選びました

登録はランサーズとさほど変わりませんが、審査がいちいち厳しい印象を受けました

記事発注の際は審査があり、内容の説明が薄かったりすると突き返されます

ランサーズより単価が安い

ランサーズの場合、1記事/500円/800文字以上/などの内容で募集したらその内容に合わせて早いもの勝ちでライターさんが作業を開始します

シュフティはランサーズと違い、作業単価をこれくらいでお願いできませんか?と募集します、その募集に対しライターさんから見積もりが届きます

いくらで作業しますよ!という見積もりが沢山くるのでその中から好きな人を選んで作業をお願いするという形です

さらに、ランサーズは大体ブログ記事800文字から1000文字程度だと最低単価は300円位が平均だと思います

勿論いいライターさんやいい記事を求めればもっと全然高い単価になります

シュフティは、1記事数十円などの見積もりも来ます。私が頂いた最低単価は500文字/60円というのがありました

なので、内容の濃いブログ記事などの場合はランサーズと同じくらい単価をださないといけないとは思いますが私のようにペラサイトを作成するならシュフティのほうが安く済むと思います

支払い方法

スポンサーリンク



ランサーズは記事を書いてもらったら、記事を確認後支払いをします

しかし、シュフティは見積もりが来た段階でこの人にお願いしますと決めたら支払いが発生します。なので記事の内容を確認する前に支払う事になります

ランサーズは記事で判断するのに対し、シュフティはライターさんで判断するという感じです

前金で払っているので、記事の訂正などで連絡を取合う事が多くなると予想されます

ランサーズだと気に入らなければ記事を承認しなければよいのですが、どんな駄作が来ても書き直しをお願いしないといけないという事です

まとめ

ランサーズとシュフティの大きな違いを書きましたが、いかがでしょうか

あなたのブログやサイトに合わせて使い分ける事をおすすめします

ランサーズ

シュフティ

スポンサーリンク