初心者がブログ記事の外注の外注を行う時のすすめ

どうもとんがりです

ブログ記事を書くときに記事を外注します、初心者の場合は自分で記事を書くことが中心になると思いますがブログで稼ぎたいと思うならいつかは記事外注をしないといけない時期が来ると思います

その時の為に、初心者が記事を外注するときのポイントを押さえておきたいと思います

ブログ記事外注の注文パターン

スポンサーリンク



注文する人がダイエットに関する記事を1000文字で500円で書いてくださいと公募する

ライターさんのプロフィールを見ながら頼みたい人を探して直接交渉してお願いする

プロジェクトとタスク

ブログ記事外注には、「プロジェクト」「タスク」という2つの発注パターンがあります

プロジェクトとは、大量の記事を発注する場合などに使われます

タスクとは、単発の発注に使われます

本当はもっと色々と違いはあるのですが、初心者の場合はそれくらいの感じで覚えておけば十分だと思います

初心者ブロガーの記事発注

まずは、自分のブログでネタ切れした場合やちょっと楽をしたいとき用に一記事だけブログ記事を発注してみましょう

その場合はタスク注文で十分ですね

自分の指定した概要で大丈夫と思ったライターさんが書いてくれるので、価格の交渉などの必要がありません、勿論誰も書いてくれない可能性もゼロではありません

私が記事を発注したときは、5分以内には誰かが作業を開始してくださいます

作業が完了したら報告が来ますので、記事を確認して内容に問題が無ければクレジットカードなどで支払いを済ませて完了です

タスク注文での注意点

タスク注文の決まりなどはありませんが、初心者ブロガーなど初めて記事発注をするなら気を付けておくとよい点を挙げておきます

題名は気にしない

題名の文字数やキーワードなどを指定できますが、割とブログに載せるときには自分のブログに合うように書き換える事が多いので、そんなに気にしなくてもよい

キーワード

キーワードを指定しなければいけません、例えばダイエット記事ならば

「ダイエット」「痩せる」「食べる」などです

このキーワードを本文中に何回登場させるかも指定しなければなりません

基本には、800文字~1000文字でキーワードが3回登場するくらいが平均だと思います

段落の指定

800文字から1000文字程度の記事ならば、段落を2~3個設置してもいいと思います

段落無しで発注して、あとから段落分けしてもよいですね

ブログ記事を外注する理由によって使い分ける

スポンサーリンク



まずは自分のブログの記事補助として単発でブログ記事をタスクで発注することから始めるのですが、別のブログは記事の半分は発注記事にしてみるとか、ブログ全部を外注記事で作る事も今後アドセンスで稼いでいくためには必要になってくると思います

必要に応じて発注方法を変えていく必要もありますしお気に入りのライターさんを探しておくことも必要です

おすすめのライティングサイト

わたしもメインで使用していますランサーズをおすすめします

ライティング会社のなかでもレベルが高いと思いますし、サイト内の作業も分かり易く使いやすいと思いますので初心者におすすめです

勿論全て無料です!


クラウドソーシング「ランサーズ」

有名ですので安心ですし、ブログ記事だけじゃなくキャッチコピーやネーミング、パソコン作業の外注など様々な事をお願い出来ますので便利です

まとめ

ブロガーとしてやっていくならば必ず通る記事の外注、始めは数百円の投資で一記事発注してみる事からスタートです

そのうちいいライターさんと知り合えれば専属ライターとして1ブログ全ての記事を書いてもらう事も可能です

そのためには多少別のブログで収益を上げてから、次のブログの記事作成に予算をまわしていきたい所です

スポンサーリンク