WordPressテーマSentryカスタマイズ!投稿日(日付)を消す方法 

どうも とんがりです

今回は私も愛用しているワードプレスの無料テーマであるSentry

このブログのテーマはSentryではありませんが、他のサイトでは結構多様しています

 

ワードプレス無料テーマの中では最強だとの噂もあるSentryですが

まだまだカスタマイズする方法の情報が少ないんですよね

で、私が個人的にカスタマイズしたかったのが投稿日(日付)を消すという事です

 

アフィリサイトとして使用する場合、投稿日(日付)って結構邪魔なんですよね

トップページを固定ページなどにする場合など、特に投稿日(日付)を消したいと思いますよね

 

しかし、ネット上にはまだ投稿日(日付)を表示しない方法が出ていなかったので

今回は、私が試した方法をご紹介していこうと思います

スポンサーリンク



WordPressテーマSentryカスタマイズ!投稿日(日付)を消す方法

私が試した方法では、投稿ページも固定ページも投稿日(日付)の表示が消えますので

固定ページだけ投稿日の表示を消したい人は、気を付けて下さい

 

投稿日(日付)とは

 

WordPressテーマSentryでは記事のH1タグ(記事の見出し)の上に投稿日の日付が表示されます

おしゃれでかわいいのですが、アフィリサイトとして使用するには

個人的に邪魔だったんですよね

 

なので、この投稿日を削除したいと思います

 

投稿日(日付)を消す手順

では手順をご説明していきましょう

まず、「外観」から「テーマの編集」へ行きます

右側に編集するページが沢山出てきますよね

 

「編集するテーマの選択」で 「Sentry-VOID」を選択します

選択したら、スクロールで下の方に行きますと「単一テンプレート」がありますのでクリックします

 

 

そしたら、このようなコードが出てくると思います

このコードを書き直すのですが、消えてしまったりしたらすっごく大変なので十分注意して行ってくださいね

 

では、書き直していきますが

今後また投稿日(日付)を表示したいと思ったときに戻せるように

コードを消すのではなく、コメント扱いにしてコードとして使えない状態にします

コメント扱いにするには<!- -  - ->を追加します

<!- – ここに消したいコードが入ります – ->

を書き込むだけです

では上記の部分を消していきます

矢印の部分に<!–  –>を追加してください

 

これで投稿日(日付)は表示されません

簡単ですよね(^^)/

 

リトライした日付だけを表示させない方法

Sentryでは、記事を書いたときに「投稿日」として日付が表示されますが

その後記事を書き直すと最初の投稿日の横に新しく記事を書き直した日付が表示されます

このリトライした日付だけを消したりもできますのでご紹介していきます

 

基本的な作業は同じですので上記を参照してください

違うのは消す部分が違うという事ですね

 

先ほどは①~④までをすべて消しましたが

部分的に削除する場合は部分的にコメント化して消してしまう事で、非表示にする事が出来ます

① 投稿日の左に時計のマークがありますよね?その時計のマークを非表示に出来ます

② 最新の投稿日を非表示に出来ます

③ リトライした時の日付と日付の間に出てくる丸い矢印を非表示に出来ます

④ リトライの投稿日を非表示に出来ます

 

さいごに

今回はSentryの投稿日(日付)を非表示にする方法をご紹介しましたが

コードを書き替える為、慎重に行ってくださいね(^^)/

「ためになった~!」」という方はシェアかいいねをお願いします!

 

スポンサーリンク