【ネタ切れは怖くない】副業ブログで気を付ける記事の書き方

どうもとんがりです

副業でブログを書く場合、どうしてもネタ切れが起きてしまいます

プロのブロガーであればそのあたりのケアは勿論行っていると思いますが、サラリーマンの副業ブログですとどうしてもネタ切れを起こしてしまいます

副業ブログで気を付ける記事の書き方

 

カテゴリー分けを行う

 

一番ネタ切れを起こしやすいのは、題材を1つに絞ってしまう事です

勿論その方が、ブログ記事に厚みが増し集客率もあがるのですが同じ題材で記事を何年間も書き続けるのは至難の業です

なので、書く内容でカテゴリーを分けます。通常でもカテゴリー分けをしていると思いますが、大枠に対してのカテゴリー分けでは無く違う題材でカテゴリーを分けます

食べものblogで、「500円ランチ」「美味しいラーメン」などは大枠が食べ物で括っているカテゴリーですよね?

ではなく、食べ物Blogの中に別カテゴリーで「綺麗な夜景」のように全然違うカテゴリーを作ります

 

頭のカテゴリーは絞り過ぎない

 

先ほどの例で書いた「綺麗な夜景」などは悪い例です。もしあなたが夜景に詳しいのであればよいのですが、あまりジャンルを絞ると逆に書きづらくなりますので注意が必要です

良い例としては

「仕事の事」「お金の事」「食べ物の事」「時事ネタ」などザックリしたカテゴリー分けを行っていたほうが記事が書きやすいです

勿論その下位に子カテゴリーを作っても構いません

 

あまり一つのブログでバラバラな題材を扱わない方がよい

出来る限りバラバラなネタを扱うよりは似た題材や共通する部分を持つ題材で1つのブログをまとめた方が良い成果が出やすいです

なので、あまりにも違う題材を扱う場合は別にドメインを取得することをおすすめします

 

とにかく窓口を増やしておく

ブログを複数作るにしてもカテゴリー分けするにしても、とにかく思いついた事は何でも記事ネタに繋げる事の出来る環境を作っておくことが大事です

そうすれば、いつでも何かしらの記事は更新できるようになるので、全く更新しない日が無くなります

 

更新しない日を作らない

 

副業ブログの場合は特にそうですが、更新しない日があるとだんだんダラケてしまいます。

プロのブロガーであれば休みを取って更新していますし、ブログの集客が安定しているブロガーは何日に1回しか更新しなかったりします

しかし、サラリーマンで副業ブロガーの場合は毎日更新することを心がけてください。

プロでやっている人とはスキルも努力量も全て劣っているのですから、出来る事はやりましょう。

特に、別に収入減があるとどうしても「まぁいいか」となりがちです、これが一番副業ブロガーが結果を出せない要因なのですから、とにかく記事を毎日更新しましょう

 

 

思いついたらすぐにメモ

記事ネタはふとした時に思いつきます、副業でブログを書く場合記事ネタを思いつくのは大抵仕事中だと思います。

思いついたネタはすぐにスマホにでもメモしましょう

ワードプレスを開いていたなら、思いついた事をメモして下書き出来ますので活用しましょう

絶対に思いついたネタは夜に忘れてしまいます、とても勿体ないので絶対にメモを取りましょう

書けるネタをストックしている安心感は次のネタにも繋がりやすいですよ

 

まとめ

どんなネタでも書けるように、カテゴリーを分けておく

必要であればブログを別に立ち上げる事

とにかく毎日何かしら記事を更新できるようにする

 

スポンサー・リンク