「これを実践したら私はどうなりますか?」こんな愚問をしていては騙されるだけ

 

 

私のコンサルや商材について問い合わせをいただくときに

耳にする言葉で気になるセリフがあります

 

「これをしたら、私はどうなりますか?」

 

この商材を使ったらどうなるか?

コンサルを受けたらどうなるか?

 

これを聞いて来る人って結構いるんですよね

 

これって、実はすごく変な質問なんですよ

だって、稼ぐ方法を教えているだけで、その方法を使ってその後どうなるかなんて

その人次第なわけです

 

お金を貰えるわけではないのです

お金を稼ぐ方法を教えているのです

 

自動車学校で車の乗り方を教えて貰いますよね

そのあと、「車に乗れるようになったら、私はどうなりますか?」って質問は

おかしいと思いませんか?

 

ただ、車の乗り方がわかるようになるだけですよね

 

その車を使って

デートしたり

旅行したり

生活範囲が広がったり

事故して大けがしたり

乗らなければペーパードライバーだし

 

車の乗り方を知ったから、全ての人が同じ条件で同じ事が起こるなんてありませんよね?

 

車の乗り方を覚えた知識をどう使うかによって、その後の人生って変わりますよね?

 

では、「この方法を知ったら私はどうなりますか?」って質問ですが

おかしいですよね?

 

「自分で稼ぐ方法を知る事が出来ます」

これ以外に、答えは無いわけです

 

もう一つ

この質問をする人は、自分の人生を人に委ねすぎていると感じます

それは、要するに騙されやすいという事です

 

「この商材を買ったら私はどうなりますか?」と売っている人に聞いて

悪い返事をする人なんていないですよね?

 

ただ良い答えを聞く事で安心したいだけなんです

 

問題は、稼げるかどうかではなく

稼げる方法なのかどうかです

 

という事は、本質的な部分や自分の努力や頑張りなどよりも

その時の感情や雰囲気を重視しているようにも感じます

 

 

ハッキリ言って、そういった人は情報発信者からすると完全にオイシイ客です

なので、こういった人はノウハウコレクターになりやすいのではないかと思います

 

私は「この商品を買ったら私はどうなりますか?」と聞かれても

夢を見るような甘い答えはなるべく言わないようにしています

 

それによって、商品やコンサルの売れ行きが悪くなったとしても

嘘をついて売る事はやりません

 

ビジネスコンサルや商材は、「やり方」を教えているのであって

収益を保証するものではないのです

 

これは、ネットビジネスに限らずリアルビジネスのコンサルタントやセミナーなども同じです

リアルビジネスでコンサルを受けたとして「コンサル受けたら私はどうなりますか?」なんて絶対聞かないですよね(笑)

 

普通の大人だったらこう答えます

「それはあなた次第じゃないですか?」と。