どうも とんがりです

今回は、面接について書いてみようと思っています

というのも、私は現役の面接官でもあるからです

人を面接する立場になってもう10年くらい経ちますので、そこそこ面接官としてはベテランになりますかね

なので、現役面接官の立場から仕事を探している人や新卒で就活をしている人など、これから面接に直面する人の役にたてればいいな~と思って書いてみます

面接の練習は沢山されていると思いますが、面接官が実際にどこを見てどんな事を考えているのか

それが分かれば就活の強い味方になる事間違い無しだと思いますよ!

スポンサーリンク



現役面接官が教える!面接官の本当の気持ちと本音

中小企業と大企業の面接

わたしは、中小企業に勤めています

なので、大企業の面接の事はわかりません。というのも、大企業の面接は「人」を見ているのではなく

自分たちが決めた「カテゴリー」や「ジャンル」を見ているだけだと思うからです

もちろん面接をする数も半端ではないと思います

大きな企業の場合は、一人ひとりの個性や将来性などではなく

「大学は出ているか」「資格はあるか」など、本人自体ではなくその人を作る取り巻きを見て判断している感があります

それは、中小企業と大企業の人材を求める決定的な違いにあります

中小企業は即戦力を求めるのに対し、大企業は会社の歯車を求めているからです

なので、ジャンル分けして採用するのだと思います

大企業の歯車的考えとは

大企業に入社したいと就活するのは、名の知れた大卒ばかりです

ハッキリいって社会に出てしまえば大卒も高卒も全く関係ありません

そんなことを言うと頑張って大学を卒業した人は反論したくなるでしょうね

でも、現実。学歴は全く必要ありません

学歴が必要なのは、就職する時だけなのです

わかりますか?大企業に入る時だけ必要なのが学歴です

なぜ大企業は学歴などの「カテゴリー」で人を採用するのか?

歯車が必要だからです。

プライドが高く、ニンジンをぶら下げておけば必死で走る歩兵が沢山必要だからです

プライドが高いので、会社のブランドに喜んでしがみついてくれる

大きな会社なので出世したら給料が沢山もらえると思ってくれる

こんな単純で使い勝手のいい駒はありませんからね

沢山の人材を一気に必要とする大企業では新しい人材にそもそも期待などしていません

勿論、その中から一握りの優秀な人材は本当に出世して成功する人もいます

しかし、ほとんどの人が愚痴りながら社会人を終えていくのです

それが大企業にあこがれを持つ者の宿命です

ちょっと嫌味っぽくなってしまいましたが、大企業に就職したいと就活している人はお辞儀の仕方や挨拶の仕方など「面接マニュアル」をなぞっておいてもいいのかもしれませんね

中小企業は即戦力

中小企業の場合は即戦力を必要としています

マニュアル通りの面接だと逆に面白みのないやつという印象を与えてしまうかもしれません

「ハキハキしている」「笑顔がある」「機転が利く」など実際現場ですぐに生かせそうな要素を見ます

馬鹿真面目に面接マニュアル通りの対応だと全く魅力がありませんのでご注意を!

中小企業の場合は頑張れば出世出来る可能性も十分にありますし、会社の経営状況などまで携わる事だって夢じゃありません

そういった面白さを感じなければ中小企業ではやっていけないでしょう

少数精鋭の一人に選ばれようとしている訳ですから「普通」ではダメなんですね

履歴書の書き方から面接までの不安一気に解消 (再就職支援プログラム)

スポンサーリンク